FC2ブログ

HOME > アイコント

和泉亜子の憂鬱 明石裕奈の退屈 佐々木まき絵の暴走 神楽坂明日菜の憤慨 の巻

亜子の誕生日会の翌日。



「はぁ、昨日は大変な目にあったわ~」

「まき絵にも困ったもんやで・・・」

 
「おーい、亜子~♪」



「!?」


「な なんやまき絵か・・・(凄い嫌な予感がする・・・)」

 
「昨日はホントごめんね~♪」



「ええんよ、もうその事は気にせんといて。」


「あはは、あの時は亜子があまりにも似合いすぎてて笑っちゃったんだよね~」


「(ほんまに反省しとるん?)」


「それでね~そのお詫びに新しいプレゼント用意したんだぁ~」


「(ドキッ)」


「もうええって、気持ちだけ受け取っとくわ~」


「そんな事言わないで~ねぇ、受け取ってよ~♪」


「でも・・・・」


「ねぇ!ねぇ!ねぇ~~~」


「・・・う・・うん、そこまで言うやったら・・・」


「やったぁーーーーーーー!」

「じゃね、じゃね、(ごそごそ)」


「(ドキドキ)」


「タラララッタラ~~」

「バカレッドぉスーツぅ~~~~♪」



「!?」






「・・・・いらん!」


「えっ!? なんでーー><」


「だって昨日と全然変わっとらんやん!」


「変わってるよーレッドだよレッド! 赤なんだよ~」


「そんなんどうでもええわ・・・」


「どうでも!?(泣)」
「うぅ・・・酷い・・・これ手に入れるのに凄く『苦労』・・したんだから~><」


「・・・な 泣かんでもええやん・・・」


「だって・・・うぐぅ」

「それに亜子がレッドがいいていったんだよ~」


「いってへん! 絶対そんな事いってへん!」


「うそ~」

「だって「M」じゃなくて「A」がいいって・・・」


「そう言う意味ちゃうわ!」


「えぇ~~~っ!?違うの~~~?」


「・・・・・」


「もしかして私の勘違い? 」


「・・・・・うん。」


「あはは、そうだったんだー」

「もー私ったらおバカさん(テヘ」


「(ほんま大バカやわ・・・)」


「・・・なんか言った?」


「え!? な なんも言ってへんでー・・・」


「・・・・・」


「・・・・・・・(汗)」


「まあ、いっか、それでこれどうしよ?」


「ふぅ~」

「えっ、ウチに聞かれても・・・」


「あれ、2人とも何してるの~?」


「あ 裕奈~」

「実はね~かくかくしかじかで・・・」


「(かくかくしかじか・・・?)」


「なるほど、バカレッドのスーツのどうするか困ってるのね。」


「(通じた!?)」


「そんなの誰かが着ればいいじゃないの?(楽しそうだし)」


「誰か?」

 

「・・・・・じーー」


「なんでウチを見てるねん。」


「やっぱりこう言う役回りは亜子じゃなきゃ。」


「役回りってなんやー」

「だいたいなんでウチが着なあかんねん!」

 

「面白いから。」


「言い切りおったー」


「じゃ~さっそく着てみよぉ~」


「おー!」


「え゛ わわわ、ちょ、やめ・・・あ~れ~」


結局着せられた・・・






「ぽぉーーーん」






「・・・あれ?」


「あんまおもろくない・・・と言うかちょっとカッコいいかも?」


「これは失敗だね~」


「うん、残念。」


「失敗ってなんやー!残念ってなんやー!」


「・・・・・」


「ねぇねぇ、今度は私が着てみてもいい?」


「え!? う うん、好きにすればええやん。(ぬぎぬぎ)」

「ほら、まき絵。」


「わーい(はきはき)」









「じゃーーーん」





「どお?どお??」


「おーかっこいい!!」


「ホント?」


「うん、バカピンクより何百倍もカッコいいやん!」


「・・・・・それ・・・ちょっと傷つくよ・・・」


「あ ごめん、つい本音が出てもうた。」


「・・・・・亜子・・・たまに心をグサッと来ること言うよね・・・・」


「?」


「もう・・・いいよ・・・」


「まき絵~ポーズとって見てよ~」


「うん、OK! いくよー!」

「エーイ ヤー トー アチョー」


「バカレッドキーーーーック!!」


「バカレッドパーーーーッチ!!」


「行くよー大技!」

「必殺!バカレッドスーパーミラクルスペシャルリリカルマジカルリボンサイクロンアターーーック!」





「ビリッ・・・」


   

「あ゛!」



「あちゃー やっちゃった・・・」


「体がやわらかい言うてあんな無理な動きするからや。」


「うーん、どうしよ・・・」




  

「!?」


「のりやテープでくっつくかな~あ ガムテープの方が良いよね。」

「ホッチキスはっけーーーん!」





「まーーーきーーーちゃーーーん」


「(びくっ)」


「騒いでるから来て見れば・・・これはいったい何をしているのかしら?」


「あ あ あ アスナーー!?」


「今、まきちゃんが着ているものはな~に?」


「えーと、これは赤いスーツかな・・・あはは・・・」


「そのスーツ、実は1着しかないのよね、だからさっきから必死に探してたの。」

「そう、ずっと、ずーっとね・・・」


「ち 違うのこれは!」

「実はね 亜子がレッドでプレゼントなの!ねぇねぇ 亜子。」



「って、いなーーーーーーーーーい!!!」

「亜子、どこいっちゃったの~? 裕奈~出てきてよーーー><」


「もう、お話は終わりかしら?」


「えっ・・・あの・・・その・・・・」





「まきちゃん!!!!!」


「きゃぴーー」



その後まき絵は5時間にわたり明日菜から訳の分からない説教を食らったのでした。


ちゃんちゃん。



※ 良いこのみんな♪ 人のモノをかっての持ち出しちゃダメだよ(*^∇゜)b
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://justice1982.blog15.fc2.com/tb.php/553-2fa716a5

他サイト様更新記事
物語三昧~できればより深く物語を楽しむためにさん『トップをねらえ!1&2合体劇場版』 庵野秀明&鶴巻和哉監督 仲間を守ることと自己犠牲?興味深い記事ですね。『トップをねらえ!1』は、見たことないですね。面
楓の ネギま!ニュース 「2006年11月26日」
・ネギま! ニュース●ネギまTB企画・第2回裏ネギプリ、結果発表! [西崎慧太の水の都・別館]固定ファンが多いとされるあのキャラが1位獲得。図書館探検部は強いなぁ●ネギま!? 卓上カレンダー2007 レビュー [SELVINUS

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ

special thanks: Shangri_LaDW99 : aqua_3cpl Customized Version】